固定式の間口8m~30mまでとしたベーシックなテント倉庫

テント倉庫FIX

価格:まずはご相談ください
テント倉庫FIX
テント倉庫FIX
テント倉庫FIX
テント倉庫FIX
テント倉庫FIX
テント倉庫FIX
テント倉庫FIX

固定式の間口8m~30mまでとしたベーシックなテント倉庫

テント倉庫FIX

通常価格
¥0
販売価格
¥0
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
配送料は購入手続き時に計算されます。

耐久性に優れた円弧形状の屋根など、独自の基本構造や各部に渡る工夫の数々で、建設コストの低減を基本に保管品質の向上を実現し、多くのお客様から高い信頼をいただいています。使い勝手を考慮して開口部の大きさや形式、その他装備品は施設の用途や目的に応じて別途(オプション)設定いただけます。

建設コストの低減を基本に保管品質の向上を実現!固定式テント倉庫

『FLEX HOUSE-FIX』は、固定式の間口8m~30mまでとしたベーシックなテント倉庫です。
耐久性に優れた円弧形状の屋根など、独自の基本構造や各部に渡る 工夫の数々で、建設コストの低減を基本に保管品質の向上を実現します。
使い勝手を考慮して開口部の大きさや形式、その他装備品は施設の用途や目的に応じて別途(オプション)設定いただけます。

特長

  • ■固定式の間口8m~30m
  • ■耐久性に優れた円弧形状の屋根
  • ■独自の基本構造
  • ■建設コストの低減
  • ■保管品質の向上を実現

詳細

名称:固定式テント倉庫
型番:FLEX HOUSE-FIX
タイプ:テント倉庫(建築基準法告示第667号)
適合用途:倉庫 間口:8m, 10m, 12m, 15m, 18m, 20m, 25m, 30m
高さ:5m 床面積:1,000㎡以下
増設可能装備:ホイストクレーン、二重膜
※規格サイズ以外にも対応可能

膜構造物(フレックスハウス)を導入するメリットとは?

膜構造物(フレックスハウス)導入のメリットは安さだけではありません。 膜構造物(フレックスハウス)導入には他にも様々なメリットがあります。
ここでは、一般在来建築と比較してテント建築物のメリットをいくつかご紹介します。

  • メリット①建設コストの低減
  • メリット②工期短縮
  • メリット③LCCO2排出量を削減

メリット① 建設コストの低減

独自の構造や設計、軽量さがコストを 40%軽減

合理的な構造と軽量な素材構成と基礎工事のボリュームの低減、さらにはシステム化された設計と専門部隊による高い施工技術が建設コストの削減を実現します。軽量な素材構成は、杭工事が不要でありながら耐震性の強い造りを実現できます。
また短期採用にご要望においてはリース対応も可能です。

メリット② 工期短縮

ボリューム低減とボルト構造によって 66%の工期短縮を実現

ボリュームの低減が図られた基礎工事とボルトオンフレームのシステム化された本体工事により、大幅な工期の短縮が実現できます。
また、解体や増設が容易なため、施工・移設が容易で、将来的な事業計画の変更への速やかな対応も可能となります。

メリット③ LCCO2排出量を削減

建設・運用・解体のすべてにおいて LCCO2を削減

在来の工法にくらべ、[建設 ~ 運用 ~ 解体]の全てにおいて大幅にLCCO₂排出量削減が可能で、サステナビリティに貢献。特にテント屋根の太陽光透過による室内照明の削減は、ランニングコストの低減も図れます。
また、躯体が軽いため、大きな開口部を取りやすく、昼間は照明が不要で消費電力を節約できます。

この倉庫で置けるもの

  • 不燃物

    金属や石材、ガラス、鋳物など。ただし、例えばパレットが木材の場合は可燃物扱いになるケースもあります。保管物全体を考慮して判断する必要があります。

  • 可燃物

    木材や紙類、食料品、衣類、多くの精密機械は可燃物に該当します。法22条地域(防火指定の種別)で屋根を不燃にする対応が求められます。

  • 危険物

    化学薬品や多くの液体は、危険物もしくは毒物、指定可燃物に該当します。 指定可燃物は危険物ではありませんが、保管の数量指定や保管物の掲示など倉庫建築において条件が多くなります。具体的な条件は地域の消防判断に寄ります。耐久性、防犯性が高い「ハイブリット」タイプ(外壁に鋼板を採用)もございます。お気軽にお問合せ下さい。

FIXオプション

フレックスハウスには、長年培ってきた数々のアイデアと工夫が採用されています。多くのお客さまに愛用されている理由がここにあると言っても過言ではありません。ここでは、基本的なテント倉庫の概要や導入のメリットを紹介すると共に、お客さまのニーズに合わせた様々なオプションをご紹介いたします。

FIXアフターサービス

TACS 膜材劣化診断サービス[タックス]  

テント倉庫に使用されている膜材の寿命をご存知ですか?
同じテント倉庫でも、その立地や周辺環境、自然環境、日照時間、紫外線照射時間などの違いでさまざまな劣化が生じてきます。
Taiyo After Care Service- タックスは専門スタッフによる点検と診断でテント倉庫を末永く安全にご使用いただくためのアフターケアサービスです。

  • 点検:点検箇所を全体撮影&マイクロスコープ撮影を行い、膜材の劣化状況の点検を慎重に行います。
  • 診断:マイクロスコープ撮影画像から膜表面の繊維露出や傷・クラックの状況を調べ、現在の安全レベルを膨大な過去データより算出していきます。
  • 報告:点検・診断の結果は、各データと共に今後のメンテナンス計画として提出します。次回の点検時期や張り替え時期など、今後の参考にしていただき、安全・快適な使用法をご提案します。

詳しくはこちら

RENEWAL 張替サービス

フレックスハウス膜材張り替え・建て替え改修

老朽化、汚れや劣化など物流現場で抱える悩みは多種多様。太陽工業は、こんな悩みを解決するリニューアルシステムを各種ご用意しています。
フレックスハウスの膜材の補修や張り替え・建て替えをはじめ、貴社の環境対策・環境改善を最大限に考慮したサービスで快適な作業空間をお約束します。膜材劣化診断サービス[ タックス] と併せてご利用ください。

膜材の補修・張り替え工事はもとより、事業計画の変更や拡張に伴うテント倉庫本体の移設や増設、建て替えなどお気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

×

この製品のお問い合わせはこちらから

I agree to my email being stored and used to receive the newsletter.